心NOTE

心と私の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/7 神経質王子の合唱コンクールが行われました。

私も、4歳から12歳まで、を習っていましたが、、月謝を、よ~こんな練習もしない娘に出し

てたなぁ~っと(感謝?)思うような子供でした

(二の舞はゴメンと私は、長男、長女にかなり強制的に練習をさせている状況です。)

長男は不器用、小1.2年は!つきっきりで教えました。

性格が激しく、出来なかったら小3のときには、鍵盤の上に立ってた事さえあります。

私が通っていた頃も合唱が行われていて、きちんと練習していれば、こんなに弾けるんだぁ~と横目で

みながら、うたっておりました。

今回の伴奏の件を、「やりやり大丈夫、カンタンやぁ~発表会のほうが、もっと難しいやん」

と伴奏をするモードに勧めたのは私です。

(クラスで弾ける子が集まり、決めたのですが、みんなイやって言ったそうです)

長男が、「オレが弾くわぁ~」

で決まりました。

それから、8月から練習をはじめ我が家の苦悩がはじまったのです。


神経質王子とあだ名をつける位の神経質、マイナス志向、ネガティブな子です。

入塾テストの答案用紙の名前も手が震えてうまく書けないくらいの緊張しぃ~。

実力テストの前は、前日、当日ものすご~く不安で、家族にその不安をぶつけまくる。

サッカーの試合でのPK戦、、長男がハズシテ試合が負け 他

とにかく、本番に弱い、弱い子です。

親の私も、どうしたら、もっと精神的に強い子になってくれるかを真剣に悩んでます

「失敗を恐れてたら、何もでけへんやん、、努力した事に意味があるんやよ」

とか、号泣する長男に励ましてきました。

努力をしているのは、家族が一番わかっています。

「努力が報われることって、、必ずではありません。」

だから、悔し涙が流れるのです。


報われる日がくると信じて、家族は応援するしかありません。


ミスタッチの数(かなり)どこ?弾いてるかわからくなっている(感じ)

とにかく、彼の練習の集大成の本番です。

よかったら、聴いてください





うまく撮れてません

わたしは、!DVDで撮ったのですが、隣の友達ママに「手が、震えてるやん」

親子でビビリです。

私に似たの?

神経質王子のメンタルがつよ~くなりますように♪(母は毎日祈る)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。